スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュトゥットガルトの街を散策

9月17日
8時半に目覚めると、子供たちはもう学校へ行っていました。
シュトゥットガルトには日本人学校がないので、インターナショナルスクールに通っています
学校まで片道45分、子供は往復で1時間半、姉は往復2回の1日3時間(親が送迎しないといけないので)、時間の縛りもあるし大変だわ
日本にいる時、小学1年生だった姪っ子は、1人で電車通学していたからねぇ。「小学1年生が1人で電車に乗っても安全な国」ってことなのね。

朝ご飯を食べて、仕事のメールに返信して、姉にシュトゥットガルトの街を案内してもらいました
昨日は子供たちがずっと喋っていたので、やっと姉とゆっくり喋れるわ~。

徒歩10分ちょっとで、シュトゥットガルトの中心地へ。観光地のすぐそばに住んでいるのね。めちゃめちゃ羨ましい

まず見えてきたのは、こちら、シュロス(宮殿)広場です。
シュツットガルトのシュロス(宮殿)広場
いかにもヨーロッパ こういう所のベンチで、ゆっくり本を読む生活に憧れるわ~。旅人は、ゆっくり本を読んでいる時間などありませんが

噴水の横に新宮殿があります。1800年頃に建てられたバロック様式の宮殿で、第二次世界大戦時に崩壊してしまいましたが、その後修復され、現在は州政府の建物となっています(中には入れません)
シュツットガルト新宮殿
とってもキレイな建物だから、宮殿として復元して欲しかったな~。中に入りたかったよ

新宮殿の北側は庭園になっています。大きな池には噴水があり、池の周りは、花壇と芝生が広がっています。その芝生の食べる鴨たち。コロンとしててかわいい
シュロス広場庭園
足にタグが付いているから、芝生が伸びてきたら、刈ってもらうために放すのかな

こちらは、州立劇場です。重厚感が違うな~
シュツットガルトの州立劇場

州立劇場と道路を挟んで向かいにある、州立美術館に行きました。美術マニアですもの、もちろん外すはずがないスポットです
シュツットガルトの州立美術館
予想していたよりもずっと大きな美術館だわ。1時間半程しか時間がないので、今日は諦めてまた後日にすることに。水曜日は無料なので、水曜日にもう一度こようかな~

再び宮殿広場に戻り、旧宮殿の前を横切り、マルクトハレ(屋内市場)へ。
ここは何と1914年から営業している、100年超えの市場なのです
ハム&ソーセージ屋さん、チーズ屋さん、パンに野菜にワイン、スパイス屋さんまであって、日本では見かけない食材に興味津々 テンション上がるぅ
シュツットガルトのマルクトハレ

しかし隣で「へぇ~、初めて来たわ」とつぶやく姉。
何ですってぇぇぇ~ 5ヶ月近く住んでいて、初めて来たとは何事ですか
しかも毎日御飯作っているのに、何で買いに来ないのって聞いたら、家の近くのスーパーで買ってるから別に…って。
確かに家のすぐ近くにスーパーありますけど…、こんな生ハムとかオリーブとかないやん 買う買わないは別として、とりあえず100年超えの歴史的マーケットがあったら、のぞきに来たくなるでしょ
ドイツ生活を全然楽しんでいない姉にびっくり。まぁ子育てと慣れない生活で忙しいだろうし、良いことばかりじゃないだろうけれどね。
遊びに来る程度の私が、1番良い立場なのかも

マクルトハレの隣にある、シュティフト教会に入ってみました。
シュツットガルトのシュティフト教会
こちらも戦争で一部壊れてしまいましたが修復済みで、ステンドグラスがブラウン系のシックな色合いでおしゃれでした 写真禁止なのが残念

ドイツと言えばなモノが食べたかったので、プレッツェルとサンドイッチのランチにしました。
プレッツェルとサンドイッチ
さすが本場のプレッツェル(これはチーズのプレッツェルです)。有名な店でもないのに、もっちりしていて美味しい
帰るまでに、プレッツェル、食べまくろうっと

デパートのトイレに行くと、入口に厳重な改札が…
トイレの改札機
日本じゃないからトイレが有料なのはわかるけれど、まさかこんな遊園地の入場ゲートみたいになっているとは
流石に中は綺麗だったけれど(普通に掃除してある程度ですが)、便座の位置が高いわ 私は背が高いから良いけれど、ちょっと低めの大人や子供は、足がちゃんとつかないだろうね。

14時を過ぎたので、子供たちを迎えに行きました
高台にある学校なので、最寄り駅に着くと、ちょっと寒くなってる~。9月でこれだから、冬になったら寒いだろうなぁ。甥っ子姪っ子たちは京都育ちなのに、冬の寒さに耐えられるかしら

学校に入ると、姪っ子ちゃんが玄関ホールで走り回っていました。
教室を見せてくれると言うので案内してもらうと、テレビで見る「外国の教室」でした。
インターナショナルスクールの教室
日本の教室より、楽しそうに見える~~
それより、親の送り迎えが必須の割には、学校内に誰でも入って行っていいのね。結構危なくない 本当は入ったらダメなのかなぁ みんなウロウロしているけれど。

談笑中のママ友に「Hさん(←姉)のお友達ですか」と聞かれ…、いえ、顔は似てないけれど姉妹なんです~って答えたら、全員ビックリしておられました
自覚してますよ、どのパーツも似てないからね。おまけに性格も似てなさすぎだし

今日の夜御飯は、ワインに合う料理が食べたいと言う、私のリクエストにお答えいただきまして~、ちょっとリッチなお店でお惣菜を買い、家の近くのスーパーで、ソーセージとスパークリングワインも買って、ヨーロッパ風なDinnerになりました
ワインのおつまみ
旦那さんはまだ日本なので、今日も4人で乾杯

夜は子供たちと、UNO大会
久しぶりすぎて、ルールを忘れてしまったわ 教えてもらいつつ、思い出すパターン。
そして、子供相手に全く手加減しない鬼おばさん。これが社会ってもんです

お風呂も入って、子供たちが寝てから、姉とまたまたビールで乾杯
ビールはあまり好きじゃないんだけれど、さすがドイツのビール、すっごく美味しい
少し濁った「ヴァイツェンビール」、これなら飲める、っていうか、めちゃ好き
ビール好きな姉、転勤先がドイツで良かったね、このビールがあれば生きていけるでしょっimage05.gif

0時になったので就寝。明日は朝も学校まで送って行くぞ~


エスリンゲンでケスラー(Kessler)ワインに出会うに続く
関連記事

テーマ : ドイツ旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

サイトマップ(記事一覧)
プロフィール

kenny.A

Author:kenny.A
トラベル・トラブルなんでもこ~い(^ω^)
旅をこよなく愛するkennyの旅ログです♪
旅への飽くなき執念で、仕事の
合間に短期旅行を続けています。
諦めるなかれ、社会人!!
思い立ったら吉日。
このブログが、旅への一歩となりますように。

詳細プロフィールはこちら

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。