スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鷹の巣展望台でマトリョーシカ三昧

まだまだ、ウラジオストクのお散歩観光は続くよ~

こちらは、潜水艦博物館の東隣りにある「アンドレイ教会」と「永遠の火」です。
アンドレイ教会
アンドレイ教会は、ロシア正教の教会で、中はキンキラキンのイコンだらけ~。イコンの販売もしています(イコンって普通に販売するのね
ロシア正教の祈り方がよくわからないまま、見よう見まねでお祈りをしていると、隣で祈っていた若い女性が号泣し始めてビックリ
かと思ったら、大きな音で着信音がなり、教会内なのに普通に電話に出ちゃった
敬虔な祈りはどこへやら~。

教会の前の永遠の火は、第2次世界大戦の戦没者を悼むモニュメントです。
世界中に戦争の傷跡が残っているのは、悲しいことです。

こちらは「ニコライ2世凱旋門」
ニコライ2世凱旋門
ロマノフ王朝最後の皇帝=ニコライ2世の、ウラジオストク訪問を記念して建てられた凱旋門です。
フランスの凱旋門と比べると、おもちゃの城みたい
この凱旋門、日本とも少し関わりがあるのですよ~。
大津事件(皇太子だったニコライ2世が訪日の際に、日本の警官に斬りつけられ負傷した暗殺未遂事件)の後、日本滞在を切り上げて、次の目的地であるウラジオストクに向かったので、凱旋門の建設者たちは大慌て。何とか到着までに完成させたそうです。
ロシア革命の際に破壊されたので、2003年に復元されました

凱旋門の前は公園になっていて、数々の彫刻が並んでいました。
緑の中の白い彫刻、五島列島の教会を思い出すなぁ

今日のランチは、有名店Pizza「M」へ。有名店だけに外観もおしゃれ
お腹もペコペコだし、ウキウキでお店に入ったのに、意味はわからないけれど、ダメって
席も空いていたし、食べてる人もいるけどねぇ。どうしてって聞いても、ロシア語が分からないし、翻訳して画面見せても、苦笑いしてはるし。
で、この裏にもお店があると教えてくれたので行ってみると…、病院やないか~い
10人でPIZZA・PIZZA~と騒ぎながら病院に入って行ったから、待合室にいた人たちが、ビックリしてたわ
入り口の警備員さんに、事情説明すると(通じたかどうかわからないけれど)、病院の更に裏にあるピザ屋さんを教えてくれました。PizzaMとは全然関係ないお店だけれどね
でもまぁピザ気分だったし、それなりに美味しかったので、ヨシとしましょう~flower.gif

今日はまだまだ歩きますよ
鷹の巣展望台を目指して歩いていると、緑の屋根の教会が出てきました。
ウラジオストクの教会

この教会「生神女就寝(しょうしんじょしゅうしん)教会」と言う名前だそうで…。
日本人には全く馴染みのない名前ですが、意味としては「聖母被昇天」のようなもので、つまり、マリア様の教会って事だそうです。(※カトリックでは聖母被昇天、ロシア正教会では生神女就寝という訳語を使うらしい…難しいわ

中は、白壁に金キラのイコンが美しい教会でした
入り口で、ロシア人のおば様に、ロシア語でわ~っと喋りかけられたので、何か注意されてるのかと思ったら、どうやらイコンの説明をしてくれていたみたい。いつもの翻訳こんにゃくがうまく機能せず、わからな~いってジェスチャーをしてもお構いなし。
笑ってごまかして乗り切ったけれど、ロシア語ってほんと全然わからないわ

さぁ、次はいよいよ展望台へ。展望台の近くまではケーブルカーが走っているので、、、あれ、運休してる… いや、昼休みかなぁ、何か貼り紙がしてあるけれど。
しばらくケーブルカー駅の前でウロウロしていたけれど、地元の方が荷物を抱えてケーブルカー横の階段を登り始めたので、これは動かないって事だなと悟り、仕方ないから歩くことにしました
お腹いっぱいの状態で階段をひたすら登り続けるのは、キツイわ~~
ケーブルカー

600段ぐらい登ったかな ようやく鷹の巣展望台に到着。
わ~、すごい眺め ウラジオストクの街が一望できて、黄金橋のカーブが美しい~
ゴールデンブリッジ
黄金橋は、2012年のAPEC首脳会議に合わせて開通しました。
車だけじゃなく、この橋を歩いてルースキー島まで渡れるけれど、今回は時間ないから諦めます

鷹の巣展望台は、標高192mの所にあり、ほぼ0m地点から、よくここまで登って来たもんだわ
展望台のこちらの像は、ロシア語のアルファベッド=リキル文字の考案者:聖キリルとメトディオスの像です。
鷹の巣展望台
大きな十字架を持っているから、磔の刑にあったのかと思ったわ

そして、展望台から少しだけ降りた所にある大きなマトリョーシカ、この子に会いたかったんだよね
鷹の巣展望台のマトリョーシカ
可愛いでしょ

このマトリョーシカの横に、マトリョーシカグッズを取り揃えたお土産物屋さんがあって、みんなでマトリョーシカグッズを爆買い
私はこの「マトリョーシカのVodkaケース」を買いました
マトリョーシカのVodkaケース
マトリョーシカって家にあっても、結局全マトリョーシカを並べずに、重ねて置いてしまうでしょ。だったら、デザインのカワイイこのケースがいいなと思って
マトリョーシカ三昧で、世は満足じゃ

さて、帰りもケーブルカーは動いていなかったので、歩いて下り、妙な姿の銅像を発見。
プーシキン像
ロシアの詩人プーシキンの像ですが、なぜこの姿
詩人だし本を持っているのはわかるよ、おかしな持ち方だけれど。でも、こんなにうなだれることはないでしょ…と思うのは、私だけかしら
2人のちびっ子、やっちゃうよね、このポーズ

ちょっとcafeで休憩をして、またお買い物へ~
1軒目は、ロシア名物:はちみつ屋さんです。ロシアは寒いから菌の繁殖もなく、ロシアのはちみつは、天然無農薬なんだとか(全部無農薬なのかどうかわからないけれど)
ウラジオストクのはちみつ屋さん
日本と比べたら、めちゃくちゃ安いのよ 花の種類によって味が全然違って、どれも美味しい~
重くなければ大量買いしたいけれど、いかんせん、すでにいろいろ買ってしまってるからね
それでも3種類のはちみつを、合計1kg程買ってしまいました。
締まりの悪いタッパーに入っているけれど、帰るまでにこぼれないだろうか…。はちみつが鞄の中で流れ出したら、被害大きすぎるよね(案の定、家に着いたら1つ流れ出ておりました…。ビニールでぐるぐる巻にしていたので、他への被害はなかったけれど

2軒目は、地元のスーパー「クローバーハウス」へ。
ここで、ウラジオストクのチョコレートメーカー「プリモールスキー・コンディチェール」のチョコを、またも爆買い~ お土産に配りやすくて便利だし
船には手荷物重量制限がないからって、制限なく買いすぎている気もするけれど、まぁいいか

今日の観光&お買い物は、これで終わり。
夜ご飯は、ホテルの近くの行きたかったお店に向かうも、地図に記載されている場所にはマンションしかな~い 周りの人に地図を見せて聞いても、知らないと言われたので、諦めて近くにあったビアレストランのお店「Gutov(グートフ)」に入りました。
さぁさぁ、今日も食べるぞ~

自家製ビールはどれも薄めだけれど、種類も多くて美味しかったです。特にパイナップルビール
Gutovのビール

ビールメインでドイツ風だけれど、お料理はロシア料理がいっぱいあって、今日も山盛りいただきました 本日の美味しかったお料理たちは、コチラ
Gutovの料理

帰りにまたスーパーに寄って、部屋飲み用のビールやらVodkaやらおつまみを買って、飲んべぇメンバーが狭いお部屋に集合~ 散々船でもグダグダ話をして、昨日も今日も歩きながら話をしてるのに、話題が尽きないのがすごいよね。
約3時間、眠い~眠い~と言いながら、結局1時まで飲み&しゃべり倒して、お開き~
お風呂に入る気力もなく、そのまま就寝。
明日は半日のみの観光なので、6時に目覚ましをセットしたけれど、さて…、起きれるかな~


ウラジオストクの教会巡りに続く
関連記事

テーマ : ロシア旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

サイトマップ(記事一覧)
プロフィール

kenny.A

Author:kenny.A
トラベル・トラブルなんでもこ~い(^ω^)
旅をこよなく愛するkennyの旅ログです♪
旅への飽くなき執念で、仕事の
合間に短期旅行を続けています。
諦めるなかれ、社会人!!
思い立ったら吉日。
このブログが、旅への一歩となりますように。

詳細プロフィールはこちら

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。