スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大波の海東龍宮寺

10月13日(祝)
とにかく雨・雨・雨でございます。もう、台風真っ只中という感じ暴風雨。でも、天気図を見ると、釜山は少し強風域に入っている程度。なぜこんなに暴風雨なのか、意味がわかりません

暴風雨にもマケズ、今朝は釜山名物「アワビ粥」を食べに行きました。
アワビ粥
アワビ大盛りを注文したので、美味しさ倍増 キムチもつまみながら、アワビ粥堪能~

ホテルに戻り、しばらく雨の様子を見ていたけれど、全くもっておさまる気配もないし、お昼前には空港に向かうメンバーもいるので、タクシーで近くのショッピングマートに出かけることにしました。マートの地下が駅なので、移動に便利だし

暴風雨ゆえ、タクシーが全然手配できなくて、ようやく来てくれた1台目に乗り、マートに向かう途中、スピードを落とさないタクシーと、同じく突進してきた高級車が、6車線ぐらいの大きな道路の合流地点で「ガッシャ~ン」
幸い、タクシーの左後方部と高級車の右前方部がゴッツンしただけで、大事には至らず、全員無傷。
でも、ほんの1秒違っていたら、左座席に座っていたさらんちゃんが、大怪我をしていたんじゃないかと思うと、身の毛がよだちます…
暴走運転ばかりでよく事故らないな~と思っていたけれど、やはり、事故は起こりました
韓国の皆さん、もっと安全運転を心がけましょう。
運転手さんの落ち込んだ顔も忘れられません、自業自得とはいえ、かわいそうでした

大雨の中、次のタクシーに乗り換え、何とかマートに到着。
頭も服も濡れて登場した私たちに、別のタクシーですでに到着していたメンバーは驚いていました。
いや~、カクカク・シカジカ…

ショッピングマートで韓国食材などのおみやげを買って、この旅はここで一旦終了。
今年も楽しかったね、珍しく雨に見舞われたけれど、最高の旅でした、幹事のロクちゃんありがとう
来年は仙台で集まろうね~

時間がなくて、バタバタと別れてしまいましたが、残ったメンバー(夕方発便のロクちゃん家族と欠航居残り組)で昼食へ
雨に濡れて寒かったので、温かいカルグッス(韓国風うどんのようなもの)にしました。
カルグッス
あ~、ほっこりするわ~ そろそろ唐辛子味に飽きてきてたからね

蒸し餃子は、耳のような蛹のような形をしていました。デカくてキモい
蒸し大餃子
蒸してあるので、あっさりしていて美味しかったです。

昼食後、ロクちゃん家族も空港へと向かったので、いよいよ「欠航居残り4人衆」だけとなりました。
パンスターフェリー(釜山~大阪)のKさん&Tさん
関釜フェリー(釜山~下関)のちあきっち
peach(釜山~関空)の私
意外と犠牲者少なかったね。運の悪いメンバーで、残り1日、楽しんでやる~~(ヤケクソ)

昼食中も雨は激しく降っていましたが、30分程マートで時間を潰していると、随分小降りになったので、釜山中心部に向かう前に「海東龍宮寺(ヘドンヨングンサ)」に行くことにしました。
ガイドブックに載っていて、行きたいな~と思っていたのよ。台風のおかげで行く時間ができてヨカッタ

海雲台からタクシーで20分程で到着~
まだ霧雨の状態なので、観光客はほとんどおらず、参道沿いのお土産もの屋さんも、全部閉鎖。普段は、名物の海産物や野菜、お寺グッズのお店が、所狭しと並んでいるらしいんですが…
そして参道には、強風を物語る葉っぱや枝が散乱し、こんな日によく来たな~という感、満載です
海東龍宮寺の台風のあと

参道の両端には、十二支神像たち。韓国も十二支の概念があるのね。
海東龍宮寺の参道
参道が汚くて、十二支神像たちも、何だか悲しそうに見える~

煩悩の数と同じ「108段」の階段を降りて行くと…。
海東龍宮寺の108の階段

ジャジャ~ン 海東龍宮寺です
海東龍宮寺
本当に断崖絶壁に建っているのね。台風が直撃したら、お寺に波がかかるんじゃない~

この海東龍宮寺は、「ここにお寺を建てると国が安定する」という龍王のお告げにより、1376年(高麗時代)に創建されたと伝えられています。当時は「普門寺(ポムンサ)」と呼ばれていました。
しかし、秀吉が朝鮮半島に攻め込んだ時に普門寺は消失(秀吉め) 現在の海東龍宮寺は、1930年の始めに雲崗和尚によって再建されました
「1つだけの願いを叶えてくれる」ことで有名なお寺なので、私たちも欲を出さずに祈りましょうね。
「明日は無事日本に帰れますように

波しぶきや潮風が当たるのに、きれいな仏様。最近金色に塗り直したそうですよ
波の音がウルサイですが、はい、みんなで手を合わせて~「無事帰国させて下さい
海東龍宮寺

この仏様の後ろは、こんな状態。


もう台風通り過ぎたのに、すごいよね。飛行機も飛ばないはずだわ。
帰国組のみんな、大丈夫かな
あまりの波の激しさに、なんだか楽しくなってきたわ
Kさんとちあきっちと、断崖絶壁の写真を撮りながらはしゃいでいたら、、、

 ザッバ~~~ン 

ヤバイ
走って逃げようとしたけれど、足元が岩場なので滑りそうで、波に背を向けるだけで精一杯。
よって、この通り。
海東龍宮寺の波でずぶ濡れ
3人とも全身ずぶ濡れになりました

で、Tさんはと言うと、仏様の前に立っていたから、仏様が波を被って、Tさんはなんとほとんど濡れなかったんだって
何なん、この違い ちあきっちのスマホは、海水が当たって壊れましたよ
嬉しそうにずぶ濡れ3人衆の写真を撮るTさんにも、神様、何か罰を与えて下さい

自然乾燥しか方法はなく、当然ですが…めちゃ寒いわ
すれ違う人たちに、びっくりされるし(私もビックリやわ)、海水を垂らしながら歩いているから、メインの大雄殿内にも入れない。
無事だったTさんに入ってもらって、無事帰国どころか、釜山駅のホテルまで、無事に帰れるようにお祈りしてもらいました。
海東龍宮寺大雄殿
私たちは外から、手を合わせておこう。。。

このまま帰るのもなんなんで…、ちゃんと観光して帰りましょう~
こちらは、海水観音大仏様。高さ10mもあるこちらの観音様は、1枚石から作られたのだとか。
高台から航海の安全を見守っているそうなので、船組の3人は、しっかりお祈りしておきましょうね。
海東龍宮寺の観音様

ちなみに、先ほど波を被った場所は、ここ↓です。
海東龍宮寺
この高さを波が超えてきたって…、すごいなぁ うっかりしてたら、死ぬところやったわ

こちらは黄金の布袋さん。ええ顔してはる~
海東龍宮寺黄金の布袋さん

君はそこで何をしているのかね
海東龍宮寺の灯籠

黄金の豚。こちらも福々しい~
海東龍宮寺金の豚

竜宮寺なので龍がいるのはわかるけど、まわりにあるお坊さんのフィギュアの意味が全くわからん
海東龍宮寺の龍とフィギュア

身体が冷えるので、ろうそくに手をかざしたり、休憩所で温かいゆず茶を飲んだりしたけれど、これはもう早く着替えないとどうしようもないので、帰ることにしました。
しか~し、この状態で乗せてくれるタクシーはあるのかしら
止まっていたタクシーの運転手さんに、ズボンを叩きながら「Wet,Wet」って言ったら、ビックリした顔をして、雑巾を出してくれました。が、1枚しかなく…
スイマセン、まさかの3人も濡れているんです
できるだけ空気椅子状態で、おしりをシートにくっつけないようにして座り、海雲台まで戻りました。
荷物を受け取り、服を着替えて(ちあきっちは服を買って)、電車で釜山まで移動。は~、無事戻って来れてよかった
ホテルのドライヤーで、靴を乾かそう…


釜山・釜山・満喫~帰国に続く
関連記事

テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

サイトマップ(記事一覧)
プロフィール

kenny.A

Author:kenny.A
トラベル・トラブルなんでもこ~い(^ω^)
旅をこよなく愛するkennyの旅ログです♪
旅への飽くなき執念で、仕事の
合間に短期旅行を続けています。
諦めるなかれ、社会人!!
思い立ったら吉日。
このブログが、旅への一歩となりますように。

詳細プロフィールはこちら

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。